必要とされるITフリーランスとして生きる

ITフリーランスというのは、能力さえ持っていれば自分の得意分野や、やりたい仕事に就くことが出来ます。また、フリーランスというのは、個人事業主として企業と対等に取引をすることが出来ますので、自分の能力やスキル、そして資格などを武器として、会社員と比較して有利な契約を結ぶことが出来ます。

 

例えばエンジニアの場合、会社勤めの場合は会社の都合によりプログラミングしかやらせてもらえなかった人であっても、フリーランスとして働くことで、能力次第で要件定義から詳細設計、さらに運用まで自由に請け負うことが可能になります。会社員の場合におきましては、どんなに営業成績を上げたとしても、それが全て自分のものになるというわけではありません。

 

組織の一員として、その組織での役割を再優先しなければいけません。その一方でITフリーランスの求人というのは、事業収入を得ることとなります。

 

これがいわゆる給与収入となります。これはつまり、自分が稼げば稼いだ分だけ報酬となって入ってくるのです。

 

以上のことから、フリーランスというのは同年齢の会社員に比べて収入が高くなることが一方ならぬのです。売上というのは、基本的に会社のものとなり、経費や販売管理費、そして役員報酬、企業の利益などに回され、その残りが「給与」という形によって従業員に返ってくるのです。

 

会社に属しますと、好き嫌いに関係なく、与えられた職務や会社都合の仕事を遂行することが基本体制となります。