必要とされるITフリーランスとして生きる

IT企業では実力主義ですから、どんなにヒットをとばしていたITエンジニアでも戦力外宣告となってしまうのです。そんな時代ですから、IT関連の仕事をしていると、アンテナを高く広く掲げて情報を常に吸収できる状態でいなければなりません。

 

現代っ子は小型時からパソコンやスマホを自由に使い回し、小学生なのに、いつの間にか周りの大人がビックリするほど具さになってしまったという話を聞いたりしますが、今はパソコンを教材として学校でも使用する時代です。逆にそのアイデアがマンネリ化して時代遅れになったり、その時の流行に通用しなくなったりもします。

 

また、幼稚園で遊びにタブレットを使っているとも聞きます。あんなこともこんなこともできるのではないかと、アイデアが湧いてくれば、ITの仕事はやりがいのあるものになります。

 

アイデアが着々湧いてきて、それを買ってくれる企業があって、実用に向けてのプロジェクトが組まれ、アイデアが形となって世に出るのは達成感を味わえると一方では自分の評価がアップすることでもあります。